土壌改良材を使用する目的とは|有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土

faq

Q

土壌改良材を使用する目的とは

質問 今年から家庭菜園を始めました。前から興味はあったのですが、仕事が忙しくてなかなか踏み切れないでいました。
いざはじめてみると、仕事関係者の中にも同じ趣味を持つ人がたくさんいることが分かり、クライアントなどとも家庭菜園の話が営業トークのきっかけになりとても重宝しています。
まだ初心者なので知らないことが多いのですが、土壌改良材の使用をよく進められるのですが、それを使用する目的を教えて欲しいです。

yajirusi

A

土壌改良材を使用することで農作物が育ちやすくなります

土壌改良材とは、農作物の栽培に適した土をつくるための資材で、それを使用する具体的な目的は、土の物理性と化学性、生物性の3つの要素を改善するためです。
これが農作物を育てる良い土の三要素で、畑を放置したり栽培を続けたりしていると、だんだんとこの三要素のバランスが崩壊していきます。そのために土壌改良材を用いて土壌を改善する必要があるのです。
市販の培養土を使ってプランターの花などを育てる場合は、必要な栄養素がすでに含まれているので土壌改良材をわざわざ使う必要はありませんが、ある程度広い畑で農作物を育てるときには必要不可欠なアイテムと言えます。

PageTop