有機堆肥が土壌改良材になる理由|有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土

FAQ

有機堆肥が土壌改良材になるのはなぜ?
"3年前から自己流で家庭菜園をはじめましたが、最初の年はなかなか上手く野菜が育たなくて、予想はしていませんが散々な結果となってしまいました。
翌年からは自分なりにいろいろ調べて、昨年からは土にも良く土壌改良材にもなる有機堆肥を探し出しましたが、土も入れ替えしたこともあるのかもしれませんが、前と同じ土を使用しているので、確実に土自体の感触が柔らかくなって、植物の成長も良くて驚いています。なぜこんなに化学肥料と違いが出るのでしょうか?
"

answer

土が水分や養分を吸収しやすくなります
有機堆肥の特徴として、持続的に植物に栄養補給ができ、土の中の微生物の栄養にもなり、水分や養分も吸収しやすくなるため、品質の良い土になり土壌改良につながります。
良い土の条件として、養分を作る微生物が多く、余分の土の混ざりが少ないことなどが挙げられます。

PageTop