粘土質で野菜の成長が遅い時の改善方法|有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土

FAQ

土の表面が粘土質になっていて野菜の成長が遅い時の改善方法を教えて下さい
30代半ばまで都内の会社に勤めていましたが、都会での生活に馴染めませんでした。そんな時、テレビで見たドキュメンタリーで都会を離れ田舎へ移り住む人の話があり、金銭よりも穏やかな生活を望むようになりました。祖父母が住んでいた地方の家が空家状態だったのでそこに住むことを決め、仕事も見つけられました。
引っ越してから、以前祖母が手入れしていた畑で野菜作りを試みています。ところが土の表面が粘土質だからか、成長が遅くて味もイマイチなのです。長く放置していたから土壌が悪いのではないかと思うのですが、どのように改良すればよいかアドバイスを頂けますと幸いです。

answer

土壌改良材を使用されるとよいでしょう
野菜の栽培の基本は土づくりにあります。畑や庭の土は時間の経過とともに痩せてきますから定期的な土壌改良が必要です。
土壌改良は堆肥や土壌改良材で土をフカフカにする事、また粘土質になっている土の水はけの改善や連鎖障害対策にも効果を発揮します。土壌改良材は多くの種類がありますので、畑の状態を把握し適正なものを選ぶ必要があります。有機堆肥や土壌改良材を作られている方に直接相談して決められるのがよいでしょう。

PageTop