有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土
神奈川の有機肥料【ポイントとFAQ】
有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。
植物や野菜を育てている人は、もっと元気な状態にしたいと考えている人が多いでしょう。しかし、どうすればいいのかわからず悩んでいる人はたくさんいます。そこで、植物や野菜を育てるときに最適な有機堆肥や土壌改良材を私たちは開発して提案しているのです。畑や農園、プランター、菜園などで活用することができます。

有機肥料

土壌に混ぜ込むことによって、さまざまなメリットを得られるでしょう。土の中の保肥性を高めることができ、保水性や通気性を高める効果も得られます。農産物が元気よく育つようになり、土壌に生息している微生物のバランスもよくなります。連作障害といったトラブルを防ぐ効果もあります。有機肥料については、農業用のものも提供しています。卸価格による販売を行っていて、注文いただければすぐに送ります。市場に出回っている一般的な堆肥とは異なる特徴があり、嫌な臭いがせず使いやすいのが特徴です。環境にやさしく、美味しい野菜を育てることができます。私たちの提案している有機堆肥や土壌改良材が気になる人はどんなことでも気軽に質問してください。興味のある人は株式会社ワコーグリーン(森の富植土)をお願いします。

01堆肥の嫌な臭いが全くない土壌改良材とは?

堆肥とは土壌改良のため土づくりに使われるもので、肥料としての側面もあります。堆肥を用いることで土の団粒構造を作り、作物づくりに適した土壌に改善出来ます。団粒構造ができると水はけが良くなり、水分を蓄える能力や通気性が高まり、肥料成分の保持力の増大をもたらすなど、野菜作りに最適な状態になるのです。
一般的に販売されている堆肥は樹木などをチップ状にし、牛糞等を混ぜて作ったものがほとんどです。そのため、堆肥から発する嫌な臭いがあり、苦手な人も多いでしょう。ベランダ菜園で使用すれば、風に乗って漂う臭いに近所からクレームを受けるかもしれません。
そのような臭いが全くない無臭の有機堆肥を作っている造園会社があります。こちらの堆肥は特許製品である100%天然成分のミネラル液を混ぜ、約4か月もの期間、撹拌発酵させます。剪定木を堆肥化し、畑に返す再資源化への取り組みで、環境に優しく、社会貢献にも繋がった堆肥を造り出しました。
この堆肥を畑や農園、花壇や菜園、プランターへ農作物の植え込み時に土壌へ混ぜることで植物や野菜が元気に育ちます。
初期育成が良く、猛暑に強く、安定して美味しい有機野菜の収穫が期待できると評判です。家庭菜園ブームをさらに加速させる堆肥となるでしょう。

02土壌改良材とは?土づくりに不可欠な堆肥について初めての方に分かりやすく解説

野菜作りに不可欠な三大要素である窒素、リン酸、カリウムを補うために用いられるのが肥料で、化学肥料と有機肥料の二つに分けられます。「化学肥料」は化学的に合成され、即効性がある特徴から追肥など足りない栄養素を補う時に用いられます。「有機肥料」は土壌中で微生物により分解されてから栄養が植物に吸収されるため即効性はありませんが、土壌の状態を整えるのに適しているため元肥に使用されます。野菜作りに欠かせない土を良い状態にするために土壌改良材や堆肥が用いられます。「土壌改良材」は透水性やPHの調整、保肥力の向上や微生物を増やし、植物が育ちやすい土壌に改良するものです。「堆肥」は、わらや枯草、枯葉などの植物、鶏糞や牛糞などの家畜糞を原料としており、堆積させ発酵させたもの。

土壌改良材とは?土づくりに不可欠な堆肥について初めての方に分かりやすく解説

完熟した堆肥を土に混ぜると土壌中の微生物が増え、通気性、排気性が向上し、土壌の状態がよくなります。このため、堆肥は土壌改良材の一種でもあります。
植物が土中の養分を吸収するには微生物の働きが不可欠であり、微生物の多い土では栄養のある美味しい作物が育ちます。農家や畑、家庭菜園での野菜作りに欠かせない堆肥、その中でも天然成分100%の有機堆肥を作っている会社があり、注目されています。土の健康、野菜の品質向上の面で大変お勧めです。

03有機肥料のご使用時に持たれる3つのお悩み

野菜農家や菜園を始めて日が浅い方、家庭菜園が趣味だけれど思うように収穫できない、味が期待通りではないなど、作物の出来栄えに満足されていない方におすすめなのが有機肥料の使用です。
土壌改良材として土に混ぜることで土壌中の微生物の働きが増え、土壌の状態を良くすることで作物が育ちやすい環境を作ります。
有機肥料を使うのが初めての方から頂いたお悩みをいくつか取り上げてみましょう。

1.肥料に多い糞の臭いが嫌で敬遠してしまう
2.化学肥料と併用出来るものを探している
3.肥料はどれも同じような効能が記載されていて、どれを選んだらよいか分からない


一般的な肥料は樹木などをチップ化したものに牛糞等を混ぜて作ったものが大半であり、そのため嫌な臭いがします。森の剪定枝に100%天然成分のミネラル液を混ぜ、撹拌発酵させて作った嫌な臭いが全くない特許申請中の有機肥料を作っている農家があります。
植物の成長に関わる微生物や肥料、土壌が行う働きや化学反応を促進させ、サポートする触媒です。化学肥料のやりすぎや環境負担、副作用を軽減させる効果が高まります。肥料の保肥力や吸収率を表す陽イオン交換容量、堆肥の熟成度、触媒力を示す腐食化率、化学反応スピードや電気伝導度などの数値が従来の有機肥料と比較すると明らかに違うため、期待以上の効果が得られると評判です。

04有機肥料の種類とは?

神奈川 有機肥料

植物は毛根から有機肥料、無機肥料(化学肥料)を吸収しています。有機肥料の種類は主に、米ぬか、油かす、草木灰、鶏糞、牛糞、魚の骨糞といった植物や動物由来の有機質を原材料にした肥料のことです。土に混ぜることで土に含まれる微生物により分解され、植物育成に欠かせない窒素、リン、カリウムなどの重要3元素に変わり吸収されます。
有機肥料は即効性がなく、遅効性、緩効性の性質を持つため、ゆっくりと浸透し、効果も長続きします。
肥料をやりすぎると土の中の微生物などが死んでしまい、土の活力が無くなるため、やりすぎに注意しなくてはいけません。
成長に必要な適量を守ることにより、野菜ならば美味しく、草花であればより元気に育ちます。
有機肥料は作付け前に土に混ぜることで元肥として使うことができる他、植物の成長に合わせて適宜施すことで、追肥としても効果を発揮します。
株と株の間や畝に沿って溝を掘り、有機肥料を混ぜることで、鳥や虫の被害を防ぎ、悪臭の対策にも繋がります。
有機肥料は動植物由来のものを発酵させ、乾燥させたものが主流のため臭いや虫の発生などのデメリットがありますが、天然成分100%で無臭の有機肥料を作っている会社もあります。植物の成長を促しながら従来品のデメリットを改良した堆肥として、需要が高まっていくと期待されています。

05神奈川県で農家を支える有機肥料をつくる造園会社の配送対応エリア

植物の成長に欠かせないミネラルやビタミン、酵素や腐植酸を含む有機酸が豊富な、完熟の堆肥を作っている会社が神奈川県相模原市にあります。一般的な堆肥とは異なり、嫌な臭いのない天然成分100%です。
植物の光合成、微生物の酵素の働きに必須な鉄イオンにより、植物の根から吸収しやすい有機堆肥、土壌改良材ができました。
東日本大震災で大きな冠水被害を受けた仙台市の水田地域でこちらの堆肥を使用し、春に土壌改良実験を行ったところ、同年秋に大きく成長した苗が稲穂を垂れる結果が得られ大きな話題となりました。以降、農業者を支える堆肥として重宝されています。
農家や農園の方だけでなく、一般の方へも堆肥の販売をされていて、家庭菜園、ベランダ菜園、園芸やガーデニングを楽しまれる方からも支持されています。
こちらが販売している堆肥の発送・配送エリアは以下の通り。

発送対応エリア
日本全国

配送対応エリア
農業用で希望される場合、神奈川県近郊エリアは2tトラックで無料配送。神奈川県以外のエリアは要相談。

発送は1s〜10sまでと個人の方の購入に便利な容量設定で、農業用はご指定の量に対応されています。安定して美味しい有機野菜の収穫が出来ると評判ですので試されてはいかがでしょうか。
FAQ一覧

PageTop