菜園の土を改良したい|有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土

FAQ

菜園の土を改良したい
郊外に自家菜園を持っています。
ここ2〜3年は順調に野菜も育ち、収穫も素人にしては上々だったのですが、今年は土が痩せてしまったのか実の成り具合があまり良くありません。
堆肥などを入れることも考えています。どういった処置が効果的でしょうか?

answer

最適な土壌改良材や堆肥について専門家に相談しましょう
耕作に適した土地にするために、土壌に施して土の性質を変えるはたらきを持つ資材を「土壌改良材」と言います。
肥料が咲くものに栄養を与えることを目的としているのに対し、土壌改良材は栄養だけでなく、土の通気性や保水性を改善し、微生物を増やして土壌そのものを豊かにする目的で使われます。
そして土壌改良材の中で代表的なものが「堆肥」です。落ち葉など植物由来の有機物や、牛や豚の糞など動物由来の有機物が、微生物によって分解・発酵されたものです。この微生物の働きによって、土が作物の育成に適した構造を持つようになり、植物が病気になりにくい環境を整えます。
まずはご自身の菜園の現状を、専門店のスタッフにご相談ください。育てている植物や土壌の写真があると、双方の理解が進むでしょう。その上で問題解決に適した堆肥もしくは他の土壌改良材を導入し、自家菜園ライフを楽しみましょう。

PageTop