土壌改良材を使用するメリットは?|有機堆肥「森の富植土」は、神奈川の株式会社ワコーグリーンが販売しています。

森の富植土

FAQ

土壌改良材を使用するメリットは?
堆肥が土壌改良材にもなるということですが、そもそも土壌改良と具体的に土壌をどのように改良することで、土壌改良材を使用するメリットは何なのでしょう?

answer

土壌改良材によってメリットも異なります
野菜などの作物を育てるためには、都度土壌のpH値を計って、適したpH値へと調整していく必要があります。
pHというのは、酸性度、つまり酸の強さの程度を示す値で、0〜14の数値で表されます。
酸が強い土壌だと、野菜の根が傷み、作物にとって良い環境とはいえなくて、反対にアルカリ性が強すぎると、鉄などのミネラル成分が吸収されにくくなってしまい、野菜の育ちが悪くなってしまいます。
したがって、酸とアルカリのバランスをちょうど良く保つ必要があり、適したpH値に調整するために使われるのが土壌改良材です。
土壌改良材にも種類があって、それによって使い方も異なります。
例えば、家畜の糞や化学肥料を混ぜて発酵させた「バーク堆肥」は、他の度量改良材よりも分解にくい特徴をもち、いろいろな種類の微生物を集めることができます。
保水性や保肥性を向上させるメリットもあります。
土壌改良材にはその他にもいろいろな種類がありますので、育てる作物に合わせて選ぶことがポイントです。

PageTop