家庭菜園の方|【森の富植土】有機堆肥・土壌改良材・家庭菜園・ベランダ菜園・農家・農園・園芸・土壌EC改善・連作障害・塩害の改善

トップページ
家庭菜園の方
家庭菜園
家庭菜園

野菜は、土の中に根を張り、養分や水も空気(酸素)も取り込んでいます。
根でも土中の酸素を取り込んで、有機物を燃焼させ炭酸ガスを出して、土中の水と養分が吸収されます。
有機堆肥は、土中の微生物が分解し土粒と土粒を結びつける働きがあり、土を団粒化し土のすき間が多くなり、通気性や排水性がよくなります。
また、有機物から出る腐植酸や有機酸といったものが、野菜の生育をよくしてくれます。

農園でのマルチング
農園でのマルチング
農園でのマルチング

当社の「森の富植土」は、植物・野菜が元気になる、安全な「有機堆肥」です。
チップ状にした森の剪定枝に特許製品である100%天然成分のミネラル液を混ぜて、約4か月程度寝かせて撹拌発酵させて作った土壌改良材です。
畑・農園・花壇・菜園・プランターなどで、樹木の植栽や農産物の植え込み時に、土壌に対して3割程度をよく混ぜ込んでください。
土中の保肥性、保水性、通気性が高まり、農産物の育成が良くなり、土壌微生物のバランスの改善にも繋がり、連作障害等の発生を抑制する効果もあります。

連作障害の改善
連作障害とは、同じ種類の作物を同じ場所に栽培と生育が悪くなる事を言います。
しかし、水稲などの水を張った栽培には、連作障害はおこりません。
連作障害は、同じ場所に植え続けると、特定の害虫や病原菌が増え、根っこから分泌される有機酸などよって自家中毒を起こし酸性化する事が原因と言われています。
「森の富植土」は、微生物の働きにより連作障害が起こりにくくなります。
楽しみながら、野菜作りに挑戦!

野菜作りは、日当たりや気温、病気や害虫などに左右されやすいため、どうしてもうまく育てられない場合があります。
健康的な野菜を育てるためには、水・肥料の与えすぎず病気や害虫の被害をなくすことからはじめましょう。
水気の多い野菜は傷むのも早いので、野菜のつくりすぎにも注意しましょう!